タマ made@cafe

〜たまたまあったカフェ〜
美味しくて、身体にやさしいスィーツとパン。
ベビーもママも一緒に楽しめる、いつかそんなベビーカフェを作りたいな。
<< 甘酒プリン | TOP | キャラメルクリーム☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -| - |
ソフトビスコッティ

タイトルまんま、ビスコッティを作ってみたら、柔らかい仕上がりになってしまいました。
ビスコッティとは、イタリアのお菓子で、固い独特の歯ざわりのビスケットを甘いデザートワインやコーヒーに浸しながら食べるもの。

だけどこれはこれでいいかな。
ちょっと歯に自信のない人でも飲み物に浸さなくてもそのまま食べられるから♪

今までビスコッティってそんなに美味しいものでもないと思っていました。

何か家にある材料で作れるものあるかなぁーと、 ”あまくておいしい!砂糖を使わないケーキと焼き菓子”を見ていたら、ビスコッティの写真が!
なんとなくあの固い食感がかじりたくなって、材料もまあアレンジすれば冷蔵庫にあるもので作れる! と思い立ち、実行しました。

本に載っていたレシピ材料では大量のビスコッティになると思い、半分の量で作ってみました。 半分にすると計量が難しい材料は適当にし、さらに生地を2つにわけ、違った味にすることに。なので全然本のレシピどおりではありません! 味付けは私好み、適当なので注意!

〜作り方〜
・全粒粉90g
・薄力粉90g
・BP小さじ1
・葛パウダー(わらび餅粉代用)10g
・塩少々

上記材料を合わせて一緒にふるいにかける。
ここから生地2種分に分かれ、
1つは
☆メープル風味胡桃入りビスコッティ
もうひとつは
☆ココナッツとマンゴー、クランベリーのビスコッティ

・豆乳30ccくらい
・メープルシロップ 大さじ1強 / マンゴージャム 大さじ1強
・なたね油 大さじ1
・レモン汁 小さじ1
・胡桃 適量 / ココナッツパウダー 適量 クランベリー適量

上記液体類混ぜあわせ、あわせておいた粉の半量と合わせて混ぜ合わせる。
それぞれナッツ類も加える。


なまこ型に成形し、170℃オーブンで20分焼く。


オーブンから取り出して冷ましてから1センチくらいの幅に切り分けて天板に並べ、さらに160℃のオーブンで上下を返しながら10分ほど、カリカリになるくらいまで焼く。


ココナッツマンゴーのビスコッティの方が緩めの生地になり、食感もソフトでした。
マンゴーとココナッツ、やっぱり合うなぁ・・・
クランベリーの酸味も加わってい感じの仕上がりになりました☆
ダンナさんにも好評だったので、普通の人にもいけるかな♪

胡桃メープルの方は、悪くはないのだけど、もうひとつパンチが欲しいところ・・・
改良の余地あり。 胡桃とメープルの組み合わせは大好きなんだけど。
もう少しメープルの量を増やしたらいいのかな?

普通のビスコッティレシピでは卵を使っているのだけど、これは”あまくておいしい!砂糖を使わないケーキと焼き菓子”からなので、卵も砂糖もなしです。
あ、でも私が使ったマンゴージャムには有機栽培砂糖が入っていました!

実はマンゴージャムの賞味期限は11月20日、そう、すでに期限切れ冷や汗
だけど”賞味期限”だし、ジャムだし、多分大丈夫でしょーーってことで、まだ半量くらい残っているマンゴジャム消費レシピは今後も続くと思われます。

ちなみに今回のビスコッティはいくら柔らかめとはいってもベビ優には食べさせてませんよー☆


人気ブログランキング参加中です>>>


12:25 | お菓子作り | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
12:25 | - | - | -| - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://tamacorocoro.jugem.jp/trackback/9
トラックバック