タマ made@cafe

〜たまたまあったカフェ〜
美味しくて、身体にやさしいスィーツとパン。
ベビーもママも一緒に楽しめる、いつかそんなベビーカフェを作りたいな。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -| - |
マーラーカオ 杏仁風味

マーラーカオも好きなおやつのひとつです。

小さい時、近くのスーパーの菓子パン置き場で袋に入って売っていた”マーラーカオ”、それが私の初めての”マーラーカオ”との出会い。

何を思ってそれを買ったのかは覚えてないけど、初めて食べたその味はいつもの蒸しパンとはまるで違う濃厚なコクのある美味しさ。
その頃周りに何も目新しいもののなかった田舎育ちの私にはある意味衝撃!
それ以来何かとマーラーカオを見つけるとつい買ってしまいます☆

そんなマーラーカオ好きの私、今回初挑戦! マーラーカオ作り。
ここんとこ”蒸しもの”の魅力に改めて気が付いています。
”蒸す”というだけで感じるヘルシー感、そして独特のしっとり感、ふっくら感、オーブン料理に感じられる華やかさと比べると、やっぱりなんだか地味な感じ、そこが何だか慎ましくて好感が持てる。
これってやっぱりもう一度改めてきちんと取り組んでみるべきじゃないかと。

なーんて小難しいことじゃないんだけど、野菜でも芋でもゆでるより蒸す方が栄養も旨味もそのまま残っているような気がするし、蒸している間のセイロから漂う香りがなんともいえないんだよねぇ・・・
また冬は加湿もできて風邪対策にもなるし!
ふんわりしっとり出来上がるからベビにも食べやすい仕上がりになるし!
電子レンジは手早く調理できてとても重宝するし便利なんだけど味の損失は否めないし、加熱ムラができたり熱しすぎて固くなったりと私はよく失敗します。。。
なのでできるだけ美味しく食べたいものは電子レンジは使わないようにしてます。
(どんだけ食いしん坊??)

前置きが長くなりましたが今日は”マーラーカオ”
参考レシピ本は横浜のパン屋さんで有名な”ベッカライ 徳多朗”の徳永久美子さんの本。
徳永久美子のパンを楽しむ生活
より。

本の中ではマーラーカオにレーズンは入れていなかったけど、私の中のマーラーカオはレーズン入りでインプットされているのでレーズン入れました。

だけどこのレシピは杏仁霜を入れて杏仁風味になっているのが特徴で、杏仁とレーズンは一緒にするべきじゃなかったと食べてから気がついた・・・
お互い同じような風味が強いのでどっちかにするべき!

本のレシピでは卵2個を使用して約10個分の出来上がりだったのでそんなには要らない・・・と思い、卵1個分、約半量で作りました。
それに伴って多少、いやかなり変更してます。
砂糖の分量を減らし、エバミルクがなかったのでコンデンスミルクを使い、さらにコンデンスミルクも残り少なかったのでコクをプラスする為以前作った”キャラメルクリーム”投入してます(笑)

☆マーラーカオ 杏仁風味☆
〜レシピ〜
材料

・薄力粉70g
・ベーキングパウダー小さじ1
・卵1個
・砂糖30g(きび砂糖がよいみたい)
・菜種油25g
・コンデンスミルク30g
・キャラメルクリーム30g
・スキムミルク10g
・杏仁霜大さじ2(ココナッツミルクパウダーでもよいそうです)
・レーズン適量
*私はエバミルクの変わりにコンデンスミルクを使い、砂糖を減らしたので、キャラメルクリームなしの場合は上記材料ではコンデンスミルクのみで分量増やして作ればよいと思います。

(肝爐鬚△錣擦討佞襪辰討く
大きめのボウルに卵をほぐし、砂糖を加えて白っぽい泡がたつまで泡立てる。
そこに液体類(油、ミルク等)、杏仁霜を加え混ぜる。レーズンも入れる。
き,諒瓦鬘押■害鵑吠けて加えダマができないようによく混ぜる。
ソ侏莨紊った生地を型に入れ(私はプリンカップに菜種油を塗ったものを使いました)蒸気の上がったセイロに入れて約20分間蒸す。



大きめのプリンカップ(写真)2個分に上記分生地を入れたところ膨れすぎてセイロの蓋に生地がついてしまい、トップが平らになってしまいました。
なので私のように面倒くさがらず小さめのカップに小分けで入れた方がよいと思われます。
レシピ本では手軽に紙コップを切って型として使っていました。
とても便利だと思いますが、家には紙コップがなかったので・・・

大きめのカップで作ったので蒸しあがりには30分くらいかかりましたが、出来立ての手作りの”マーラーカオ”の美味しかったことといったら・・・ときめき



杏仁味のマーラーカオはお初☆でしたが、美味しいね!
結構杏仁風味が強いので、おなじみのマーラーカオとは別物の感じだったけど、杏仁は嫌いじゃないし、これはこれで美味しい☆
ただ杏仁味にはレーズンは入れるな。。
それから私が使った杏仁霜にはすでに糖分がプラスされていたので、上記材料よりさらに甘みを減らしてもよいかな。 

今回は材料不足で色んなものを投入してしまったので本来のマーラーカオには遠いものとなってしまったかもだけど、美味しかったからよいのです。

またマーラーカオ作ります。
今度はノーマルバージョンが作りたいな。

今回はベビ優も食べられました♪
21:21 | お菓子作り | comments(5) | trackbacks(0)| - |
ミニミニ りんごタルト
小さな小さなアップルタルトを作りました。


ていうか、レシピ本の半分の量で作ってみたので、こうなりました。

大体お菓子本って1ホールの分量で載っていることが多くて、それだと特にプレゼントするわけでもなく、お呼ばれやお呼びがあるわけではない時、ちょと食べたい時にはどうしても余ってしまうから・・・
冷凍しておくという手も良く使いますが、家庭の冷凍庫での素人冷凍ではどうしても限界があるし。
美味しいものは美味しい内に頂きたい!

だけどレシピ本材料をの半分にするって意外と簡単なようで難しい。
単に半分にするだけなんだけど、細かいところが家庭の計量カップや量りだとはかれなくてどうしてもアバウトに。
まあ私の場合そんなに気にしないんだけど、お菓子やパンの分量ってホントなら数グラムの違いが出来上がりに大きく影響するらしいから、やっぱりデジタルスケールが欲しいなあ・・・
お菓子作りもパン作りも日課になりつつあるのでそろそろ買ってもいいかしらん☆

てことで、本日の”リンゴのタルト”のレシピはヘルシーラインです。
参考にした本はこちら。
全粒粉がきれていたので代わりにライ麦粉使用。
卵・バター・牛乳・砂糖なしだから美味しい!華やかケーキと素朴お菓子

小さなリンゴのタルト
〜作り方〜
タルト生地
・オートミール20g
・薄力粉70g
・ライ麦粉50g
・塩少々
上記粉類をフードプロセッサーに入れふるうようにスイッチを入れ数秒まわす。
そこに下記材料を加えさらに混ぜ合わせる。
・紅花油 30cc
・水15cc
・メイプルシロップ大さじ1
固まってきたらフードプロセッサーから取り出し、ラップに包むなどして冷蔵庫で20分以上寝かせる。

フィリングを作る
・リンゴ1個
を銀杏切りにして、小さめのフライパンもしくは小鍋に入れ、レモン汁を適当にふりかけ、
・砂糖もしくはハチミツ(お好みで)大さじ1
くらい加えて水分がなくなってツヤが出てくるまで煮る。
私はレーズン好きなのでラム酒づけしたものを加えてみました。
さらにシナモン好きなので
・シナモン少々
ふりかけました。

寝かせた生地を取り出し、 分割し、ラップの間に挟むようにしてめん棒で伸ばしていきます。
ラップではさむとべとつく生地でも打ち粉なしで伸ばせて楽チンです。

生地を型に入れて伸ばし、出来上がったフィリングを入れ、今回削った冷凍バターをのせてみました。


今回マフィンの型を使ったので出来上がりはなんとも可愛らしいミニミニサイズ!
食べやすくっていい感じ。
ミニサイズですでにお一人分なので、切り分ける必要がなく、タルトを切り分けるのは崩れやすくて難しいのでそれも便利かも。


ちょこっと乗せたみた削りバターは量が少なかった為あまり威力を発揮せず。
あっさりした仕上がり、甘酸っぱく煮たリンゴとラム酒漬けレーズンが美味・・・王冠2
だけどタルト生地に使った紅花油の風味がけっこうきつくて、それが私的にはイマイチ。
以前も紅花油を使ったスコーンのレシピで香りががきつくてくどくていただけなかった覚えがあるので、今後紅花油には要注意!
やっぱりタルト生地にはバターの風味がいいかも。
バターは少なめでもいいから、その風味が大事だなぁ・・・

今回のタルト、紅花油が失敗だった。
次回は紅花油ではなく、バターを使って作ろう!
リンゴを使ったお菓子はヘルシーさ満点で大好き☆
ちなみにベビ優にはタルト生地はヘビーなので中のフィリングりんごだけあげました。
生のリンゴは苦手なベビ優も煮たリンゴはなんなくクリア!


人気ブログランキング参加中です>>>

23:54 | お菓子作り | comments(0) | -| - |
ベーグル作り☆

今日は、朝一番にベーグル作りを始めました。

例によって、生地はホームベーカリーにお任せ。

レシピはホームベーカリーだから美味しい!黄金の配合率でつくる焼きたてパンより。

初めて作ったベーグルは”枝豆ベーグル”。
生地にゆでて薄皮を剥いた枝豆が入ったベーグルなのですが、これが失敗。
1年前くらいのイーストを使った為、全く膨らまず、ただの”小麦粉の固まりリング”のようになりました。
すんごい歯ごたえ! ベーグルはもっちりの歯ごたえがまた美味なはずだけど、これは・・・ 
イーストは鮮度が命! ということを身をもって知った出来事・・・
おおざっぱで雑な性格が表れております。

てことで再度リベンジ!
今回はいつも使っている天然酵母の白神こだま酵母ドライ だから間違いないはず・・・

上記レシピ本では砂糖ではなく、”はちみつ”を甘味料として使っていました。
他は油脂なしのヘルシー配合。
ベーグルでもレシピによってはバターが入ったものもあります。
”はちみつ”は1歳未満の乳児には食べさせてはいけないのだけど、ベビ優はつい先日めでたく1歳を迎えました祝

なのでこのレシピでもいける・・・

☆材料☆
・水(冬はぬるま湯)150cc
・はちみつ12g
・強力粉250g
・塩3.5g
・白神酵母ドライ4g

冬は水はぬるま湯を使った方がいいので、一番最初にお湯を沸かし、その湯冷ましを使います。
また白神酵母は事前にぬるま湯につけて溶かしてから使用するので、分量分の水より取り分けてふやかしておきます。

後は全ての材料をパンケースに入れ、スイッチオン!

ガラガラ回る〜

ガラガラ? 今回は何だかホームベーカリーの音がいつもよりうるさい気が・・・
だけど特に異常はないみたいだったので気にせずそのまま、日課のヨガをしながらベビ優のごきげん取りながら生地の練りあがりを待つ。

練り時間は約15分ほど。
急に思い立つ。
”生地の半分をブルーベリーベーグルにしよう!!”
生地出来上がり1分前に慌てて冷凍ブルーベリーをレンジでチンして水気を絞り、出来上がった生地が一次発酵に入る前に二つに分けた一つにブルーベリーを練りこみました。
だけどやっぱり水分が多い為ちょっと生地がべとつきがちになっちゃって、”ああーーまたやらかしたかも。”と不安に。
冷凍果実を入れる場合はちゃんと水分を飛ばしてからでないと、生地に影響しちゃうのです。 

1次発酵後、やはりブルーベリーを入れた方はイマイチ膨らみが悪い・・・
だけどまあ何とかなるだろうとべとつく生地と格闘しながらも成形し、2次発酵もすませ、

ベーグルならではの行程、生地をお湯でゆでる作業へ。

片面ずつ30秒ほどゆでた後はしっかり水切り。

200℃に予熱したオーブンで15分くらいで焼き上がり。


そんなこんなで何とかお昼ごはんに間に合いました。



私が大好きなトッピングはベーグルにベリーを入れたクリームチーズをはさんで食べること! 
ベリーはクランベリーが甘酸っぱくてクリームチーズと相性抜群で大好き。
さらに最近発見したのはクリームチーズにメープルシロップと胡桃とシナモンの組み合わせ♪
これはドーナツプラントに置いてあったベーグルサンドにあったのだけど、マジうまーーーーびっくり

これが食べたくて今日はベーグル作りに励んだといってもいいくらい。
この組み合わせはプレーンなベーグルに合わせるのがいいみたい☆
トッピング2種


今回無事1歳になったベビ優もついにベーグルにてはちみつデビュー☆
ついでにベーグルデビュー☆
もちろん歯ごたえありのもっちりベーグルなので、できるだけ柔らかい所を細かくして食べさせてあげました。
パン好きのベビ優もご満悦♪ 

ところで今回ホームベーカリーの音がうるさかったのはやっぱりパンケースのセッティングが多少ずれていた模様・・・
練りあがりがあまりよくない感じが。
ホームベーカリー任せで簡単!といえど使い方を誤るとこういうことに・・・
材料入れてスイッチオン!だけどその後の生地を見守らないと、季節によって水分量の調節が必要なので、ちゃんとこねられているかチェックも必要!
機械任せといえど、手間(?)はかかります。
いずれは手ごねに挑戦したい! ベビ優がもうちょっと分別つくようになれば・・・


人気ブログランキング参加中です>>>

13:43 | パン作り | comments(0) | -| - |
キャラメルクリーム☆

Do you like caramel?
キャラメルはお好きですか?

Sure!!
もちろん好きです!!
 
キャラメルといっても、子供が好きな甘いキャンデーのことだけじゃなく、キャラメル全般、プリンの上にのっかてるカラメルソースやキャラメル風味のお菓子、特にビターな強めに焦がしたカラメルがすき☆

プリンを作る時にカラメルソースを電子レンジで作っていたのだけど、いつも熱しすぎるのか水分がほとんどなくなっちゃって、ホントに飴状態。
すぐさま型に流しいれるんだけどその最中にもすでに固まり始めてる・・・というけっこう私にとってはちょっと苦手な作業のカラメル作り。

今回はカラメルではなく、”キャラメルクリーム”に挑戦!
カラメルはお水と砂糖だけで作るのですが、読んで字のごとく”キャラメルクリーム”にはクリームを使います。
レシピ本では、生クリームを使用していましたが、そこはヘルシー志向のわたくし、半量以上を豆乳に置き換え作ってみました☆

砂糖も少し控えめにして、初めての鍋でのカラメルソース作り。
今回はキャラメルクリームですが。

☆材料☆
砂糖130g
水 大さじ1
生クリーム80ml
豆乳120ml

‐鍋にお砂糖を入れて、水を加え、そのまま中火にかけ、鍋を揺らさず溶かす。
端の方から焦げ目がついてきたら鍋をゆすって色を均一にし、しっかりしたこげ茶色になったら火をとめる。
J未鵬垢瓩討いた(電子レンジor鍋)生クリーム+豆乳を△肪蹐亜
(湧き上がってくるので注意!)
ぬ擇戮蕕筌乾爐戮蕕鮖箸辰謄爛蕕覆混ぜ合わせる。
(私が作った時にはクリームの温度が低かったのかカラメルが固まりになってしまったので再度鍋を弱火にかけながら混ぜ合わせたところ、ちゃんと解けてくれました!)
ソ侏莨紊ったキャラメルソースが冷めたら煮仏消毒した瓶などに入れて冷蔵庫で保存!
こうすれば2〜3週間くらいは保存できる。

結果・・・
びっくり うんまい!!

ビバ! キャラメルクリーム!

このソースを使えばキャラメル味のお菓子も自由自在!

カラメルソースも今後はめんどくさがらず、鍋で作ってみよう。

てことで作ったのがアーモンドとキャラメルの厚焼きクッキー☆
マフィンの型に入れて厚さ1センチ強くらいにしてじっくり焼いたのでほんわかしっとり、キャラメル風味とスライスアーモンドの歯ごたえ、美味でございます〜

型に入れたのできれいな形に出来上がり、ちょっぴりガレット風にもなりました。



今後もキャラメル味のお菓子の登場が増えてくると思われます。

次は豆乳100%で作ってみようかな・・・
コクがなさすぎになっちゃうかな?
ヘルシーでも美味しいのが1番だもんね♪

以上、参考にした本はぜったいおいしく作れる焼き菓子レシピ

この人のレシピは美味しいんだろうけど、バターやお砂糖たっぷりのリッチなお菓子なので、私には少し重たく感じます。
なのでヘルシー志向に多少変更して下記の通りです。
なんだかキャラメル味と合いそうな気がして少し酸味のあるライ麦粉を加えて、バターを控えめに、砂糖もキャラメルクリームが甘いので量を控えました。

アーモンドとキャラメルの厚焼きクッキー
☆材料☆
・薄力粉100g
・ライ麦粉50g
・ベーキングパウダー ひとつまみ
・砂糖40g
・塩 ひとつまみ

・バター30g
・マーガリン10g

・卵 1個弱
・キャラメルクリーム50g

・スライスアーモンド50g(軽くローストしておく)

☆作り方☆
粉類全てをあわせ、フードプロセッサーに入れてふるうように少しスイッチを入れまわす。
そこに油脂を入れ、粉がぽろぽろとした状態になるよう混ぜ合わせる。
卵、キャラメルクリームを加え混ぜ合わせ、半分くらい混ざったらスライスアーモンドを入れて再び混ぜ合わせる。
型に入れて170℃オーブンで20〜25分くらい焼く。

バターを控えめにしたのでレシピ本のできばえよりふっくらとした感じになりました。
砂糖控えたけど充分甘い!
レシピ通りにしたらどんな甘さだ!?

ダンナさんにも好評!
ちなみに翌日リピでアーモンドがなくなったので胡桃で代用して作ったところちょっと濃いかな?
上にのっけてるのはりんごを蜂蜜で煮て焦がしたもの。
てゆうか、ベビ優の為にリンゴ煮を作っていたらいい具合に焦げたので乗っけてみたの。

胡桃は好きだけど、たまにヘビーに感じる・・・



人気ブログランキング参加中です>>>

JUGEMテーマ:グルメ


13:48 | お菓子作り | comments(0) | -| - |
ソフトビスコッティ

タイトルまんま、ビスコッティを作ってみたら、柔らかい仕上がりになってしまいました。
ビスコッティとは、イタリアのお菓子で、固い独特の歯ざわりのビスケットを甘いデザートワインやコーヒーに浸しながら食べるもの。

だけどこれはこれでいいかな。
ちょっと歯に自信のない人でも飲み物に浸さなくてもそのまま食べられるから♪

今までビスコッティってそんなに美味しいものでもないと思っていました。

何か家にある材料で作れるものあるかなぁーと、 ”あまくておいしい!砂糖を使わないケーキと焼き菓子”を見ていたら、ビスコッティの写真が!
なんとなくあの固い食感がかじりたくなって、材料もまあアレンジすれば冷蔵庫にあるもので作れる! と思い立ち、実行しました。

本に載っていたレシピ材料では大量のビスコッティになると思い、半分の量で作ってみました。 半分にすると計量が難しい材料は適当にし、さらに生地を2つにわけ、違った味にすることに。なので全然本のレシピどおりではありません! 味付けは私好み、適当なので注意!

〜作り方〜
・全粒粉90g
・薄力粉90g
・BP小さじ1
・葛パウダー(わらび餅粉代用)10g
・塩少々

上記材料を合わせて一緒にふるいにかける。
ここから生地2種分に分かれ、
1つは
☆メープル風味胡桃入りビスコッティ
もうひとつは
☆ココナッツとマンゴー、クランベリーのビスコッティ

・豆乳30ccくらい
・メープルシロップ 大さじ1強 / マンゴージャム 大さじ1強
・なたね油 大さじ1
・レモン汁 小さじ1
・胡桃 適量 / ココナッツパウダー 適量 クランベリー適量

上記液体類混ぜあわせ、あわせておいた粉の半量と合わせて混ぜ合わせる。
それぞれナッツ類も加える。


なまこ型に成形し、170℃オーブンで20分焼く。


オーブンから取り出して冷ましてから1センチくらいの幅に切り分けて天板に並べ、さらに160℃のオーブンで上下を返しながら10分ほど、カリカリになるくらいまで焼く。


ココナッツマンゴーのビスコッティの方が緩めの生地になり、食感もソフトでした。
マンゴーとココナッツ、やっぱり合うなぁ・・・
クランベリーの酸味も加わってい感じの仕上がりになりました☆
ダンナさんにも好評だったので、普通の人にもいけるかな♪

胡桃メープルの方は、悪くはないのだけど、もうひとつパンチが欲しいところ・・・
改良の余地あり。 胡桃とメープルの組み合わせは大好きなんだけど。
もう少しメープルの量を増やしたらいいのかな?

普通のビスコッティレシピでは卵を使っているのだけど、これは”あまくておいしい!砂糖を使わないケーキと焼き菓子”からなので、卵も砂糖もなしです。
あ、でも私が使ったマンゴージャムには有機栽培砂糖が入っていました!

実はマンゴージャムの賞味期限は11月20日、そう、すでに期限切れ冷や汗
だけど”賞味期限”だし、ジャムだし、多分大丈夫でしょーーってことで、まだ半量くらい残っているマンゴジャム消費レシピは今後も続くと思われます。

ちなみに今回のビスコッティはいくら柔らかめとはいってもベビ優には食べさせてませんよー☆


人気ブログランキング参加中です>>>


12:25 | お菓子作り | comments(0) | trackbacks(0)| - |
甘酒プリン

作り方はとっても簡単!

これも以前ご紹介した”あまくておいしい!砂糖を使わないケーキと焼き菓子”より、

〜材料〜
プリン生地
・甘酒250g
・葛パウダー15g → 家になかったのでわらびもち粉で代用
・水250cc
・塩少々

☆ソースはレシピ本には苺を使ってつくるものが載っていましたが、手元に苺がなかったので、冷蔵庫で眠る賞味期限間近のマンゴージャムを使ってなんとかならないか考えました。
ソース
・マンゴージャム
・レモン汁
・みかんの実
 以上適量を合わせて混ぜる
マンゴージャムだけでは甘酒生地とプラスすると少しくどい甘みのような気がしたのでさらにさわやかな酸味をプラス、みかんとレモン汁を加えてみました。
コレが絶妙!!

〜作り方〜
(量の水で葛パウダー(わらびもち粉)をとく。
↓,亡甜鬚髪を混ぜ合わせて鍋に入れ、火にかける。
煮立ってきたら火を弱めて2〜3分木べらでよく混ぜ、もったりしてきたら火からおろす。
 けっこうすぐもったりしてきます。
 火からおろしたらすぐ器に入れないとすぐに固まりはじめます。
ぢ冉の器にいれて冷ます。
ジ任泙辰討たらソースをかけて、冷蔵庫へ。

以上、とっても簡単でしたーーー☆☆

お味も、プリンとした食感がなんともいえなく、甘酒の風味と粒粒の歯ざわり、そして上にのせた、酸味のきいたマンゴーソースがとてもよくあって美味でございますーーーときめき

とにかく簡単だし、ちょっとしたデザートに、和食の後とかいいかも!
葛と甘酒で胃腸に負担もかかりにくいとのこと、使えます! 甘酒プリン! ビバ!



人気ブログランキング参加中です>>>


15:31 | お菓子作り | comments(0) | trackbacks(0)| - |
フランスパン、ぱん、ぱん。
フランスパンを作ってみました。


先日某デパートにある富沢商店に行った際購入した、フランスパン専用粉、その名も”パリジェンヌ”という準強力粉を使って。

それにしても富沢商店の品揃えには手作り好きにはとってはもう目がハート♪
家から遠くてそうそう行けないのが本当に残念!
まだまだベビ優連れでそうそう遠出はできず・・・

今回はフランスパンも色んな成形にチャレンジ♪
一度に色々な味を楽しみたいよくばりな私です。

1斤分の生地で6個成形するのですが、そのうち半分はローストした胡桃を練りこんでくるみパンに、1つは中にチビターョコレートを入れてチョコフランスに、またいくつかには自家製小豆餡を入れてフランスあんぱんに。


フランスパン生地は砂糖も油脂も少なく卵も入ってなくてとてもプレーンなのでなんにでもアレンジ可能かな・・・
お気に入りのジャムを入れてジャムフランスパンにしてもいいし。プレーンなフランスパンにはソーセージと野菜を挟み込んでホットドッグにしたり、横から包丁を入れて中に練乳を入れてミルクフランスにしたり。

だけど出来上がって試食後の感想としては、フランスパン生地に胡桃はあまりあわないかな? ということ。 
やっぱりくるみはライ麦入りとか、多少バター多めの生地の方があうのかも。
胡桃パンも好きなので、また研究の余地あり。

小豆あんも、今回は粒あん、こしあん、そして小豆の水煮なるもの作ってみました。
自分で作ると甘さや塩加減、調整できるからイイね。
作ってみると、いかに市販の餡子には大量に砂糖を入れているかがよく分かります。
だって入れても入れてもなかなかあの歯にしみるような甘みは出ず・・・
だけどこしあんを作る際に、前回金時豆餡の時に味付けのアクセントになって成功した醤油を入れてみたのだけど、小豆餡にはあまり合わないことが発覚。
ちょっと入れすぎたのかもしれないけど、シンプルな味付けが基本です。
また餡子と黒ゴマペーストを混ぜたものもゴマ団子風で美味しい餡ができそう☆

小豆の水煮はちょっと固めに作っておいたので、普通のご飯にあわせて小豆粥を作ったり、パンや焼き菓子の生地に混ぜ込んでみようかと思ってます。蜂蜜とあわせてヨーグルトに入れても意外といけるかも。

とにかく小豆好きなので何でもいけそう〜


人気ブログランキング参加中です>>>



14:40 | パン作り | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ベビクッキー
ベビ用のクッキーを作りました。



ママ友のお宅にお邪魔することになったので、ママ用のお菓子に抹茶のロールケーキを作り、ママばっかり食べててもなーーと思い、ベビ用にも食べやすいクッキー作ってみました。

普段は型抜きなんて面倒なのでしないのですが、今回はお友達ベビも食べると思い、かわいい型を使ってみました。
やっぱり、ひと手間かけるとまた違って可愛らしいね♪
まだベビ優世代のベビは食べ物の形なんて理解不能で全くどーでもいいかもしれないけど!
それでも気分だけでも可愛らしく、雰囲気でるでしょ?

赤ちゃんでも食べられるクッキーレシピってなかなか雑誌とか見ても載ってなくて、ようやくたどり着いた本のレシピより、多少改良しました。 バターの量を減らし、砂糖をやさしい味わいのてんさい糖に変更。 粉チーズをきなこに変えてもいいかも。

<材料> カルシウムたっぷり♪
・薄力粉50g
・バター20g
・コーンスターチ 大さじ1
・てんさい糖 大さじ1
・すりごま 大さじ1
・粉チーズ 大さじ1
・スキムミルク 大さじ1

けっこうべたつく生地なので、きれいに型抜きするには打ち粉が必要です。
冷蔵庫で1時間以上休ませて少し固めてから型抜きしてもいいかも。

<型抜きしてオーブンに入れる前>


160℃のオーブンで12分くらい?
焼き加減は自分好みで。

ちなみに大人用ロールケーキはこちら


中のクリームは、軽めの生クリームに先日作ったよもぎあんぱんの金時豆餡とキナコをを混ぜ込み、ラム酒を加えてみました。

これが絶妙〜zzz

ベビクッキーも、大人が食べてもあっさり軽め、サクサクで後引く美味しさ♪

これはいっぱい生地を作っておいて、いつでも焼きたてが食べられるよう、冷凍しておいてもいいかも! 
今後ベビのリピ&リクエスト間違いなし! 
まだベビ優はしないけど。。


人気ブログランキング参加中です>>>


23:28 | お菓子作り | comments(0) | trackbacks(0)| - |
恋するラズベリースコーン
私が好きなのはスターバックスカフェのスコーンです。

シンプルに切りっぱなしの三角形生地で、パンとクッキーの間のようなふんわりもっさり感、広がるジューシーなバターの香り、だけど決してしつこすぎない。
ホント美味。。

スコーンラブラブ

一口にスコーンと言ってもハードで固いクッキータイプのもの、ソフトでふんわりしたパンみたいなもの、色んなタイプがありますが、私が好きなのは後者のふんわり、もっさりタイプ!

毎日でも食べたいけど、ベビ優持ちの私はそんな気軽に毎日出かけられず、そしてスコーンってやっぱり高カロリーな気がするので毎日おやつとして食べているとあっという間に余分なお肉が増えてしまいそう・・・
これ以上、肉はいらんっ
むしろ減らさなければならないのに。

ということでスタバのスコーン、もうちょっとヘルシーにして、ご飯代わりにもなり、お家で作って食べられたらいいなと思い日々トライしています。

そんな中、なかなかいい感じに出来上がったこの”恋するスコーン”、ネーミングの由来はラズベリーの果汁が生地にしみこんでほんのりピンク色に仕上がるから☆

☆材料☆
・薄力粉50g
・強力粉50g
・BP小さじ1
・バター30g
・甘酒+豆乳50cc(量は半々くらい)
・砂糖小さじ1
・冷凍ラズベリーとドライクランベリーにキルシュをふりかけレンチンしたもの適量
 (冷凍ラズベリーは解凍すると水分が出るのでよく切ってから加える)



ヘルシーポイントとして、バターは控えめ、つなぎには甘酒と豆乳をMIXしたものを加えてみました。

☆まとめた生地☆


マクロビのスウィーツレシピで、コクを出す甘味料として甘酒がよく使われており、またスコーンレシピにはよくヨーグルトを使うのですが、甘酒も同じ発酵食品だし、これはきっとイケるはず。。と思い、期待溢れる中出来立てを試食!

☆焼き上がり☆



美味しいーーーときめき

正に、あっさりしたスタバスコーンという感じ!

成功成功。

甘酒VIVA!

他のスウィーツにも色々使えそうです。

そうそう、最近お米のお粉が出回っているのをご存知でしょうか?
小麦粉同様に使えるみたいです。

このスコーン、甘酒を使っているので、粉もお米の粉にしてみたらどうでしょう・・・

と思っており、トライしたらまたUPします♪
お楽しみに。


人気ブログランキング参加中です>>>



12:55 | お菓子作り | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ふわふわメープル食パン

ホームベーカリーを持っています。

2年前くらいかな?
出産して辞める前に務めていた某TV通販の会社にいた時に購入したもの!
購入してすぐに2,3回パンを焼いたところで放置されていた代物・・・

ここんとこ大活躍!
出産して以来、必死でベビの世話に毎日奮闘、それどころじゃない毎日を送っておりました。

ベビ優ももうすぐ1歳、あんな芋虫のようにモゾモゾとしか動かない小さかったわが子が今やおっぱいだけでなく色んな物を食べられるように、立ったり歩いたり、できるように。 成長ってすごい・・・

てなことでパンが大好きなベビ優の為に毎日のようにホームベーカリー活躍中です!

私が持っているのはMK精工の。
今はホームベーカリーのレシピ本も沢山出ているのでホントパンやさんでしか買えなかったような色んなパンがお家で気軽に手軽にパン作りできちゃいますね♪

このメープル食パンはレシピ本”卵・乳製品ゼロのホームベーカリーレシピ”から・・・
上田まり子さんの本はこれを含めて2冊持っています。
他にも色々出しているみたい・・・

私もいつかこんな本が出せたらいいな 
なんてね。

ホームベーカリーも多機能で、私の持ってるホームベーカリーは普通の食パンコースに早焼きパンコース、全粒粉パンコース、フランスパンコース、ソフトパンコース、マフィンコースなどあるのですが、最近は普通の食パンを焼く時でも、ソフトパンコースを使っています。
焼くのに時間がかかる!! のですが、やはり熟成度が違うのか、確かにふっくらソフトな気がします。
このメープル食パンもソフトパンコースで、なんと、所要時間は5時間ほど・・・
スーパーで売ってる食パンなんて、100円くらいで購入できるというのに、その1斤にも実はこんなに時間をかけているものなのかしら?
パン屋さんは朝が早いというけど、ホント納得・・・

だけど、発酵の時間って育つ子供を見守る親のような気持ちで、なんか生地が愛おしく感じられる時間でもあったりして、結構贅沢かなーなんて、思ったり。

最近の天然酵母流行にのっとって、今は天然酵母パンコースも付いてるホームベーカリーもあるみたい。
私のは古いのでそんな立派な機能はついてませんが、天然酵母のパン焼いてます☆
ちょっと手間かけてあげるだけ。

パンの材料について、その辺のスーパーでは売ってないものとか結構あるので、私は通販をよく利用します。
このお店では材料はもちろんのこと、ホームベーカーリー本体、レシピまで載っています。 ご参考までに。
☆パン焼きご用達のお店☆


仕事をしていない今だからこそ堪能できる毎日であります。


人気ブログランキング参加中です>>>


20:15 | パン作り | comments(0) | trackbacks(0)| - |